So-net無料ブログ作成

映画「蜜蜂と遠雷」 [映画]

10月7日(月)

予告見て気になっていた映画、相方と観てきました@ムービル。
ea45f01d934919b9.jpg

音楽ものはやっぱりいいな~~。
そしてピアノ、打楽器でもある!すごい、かっこいい。
昔、習ってたけど、また弾いてみたくなった。もちろんあっち側になんて全然だけど。
当時は好きで始めた割には、練習きらいで、あんまり楽しくなかったかも。
今ならもうちょっと。。(笑)

クラシックのコンサートも行きたくなったし、、
あ、原作読んでなかったので、コチラもメルカリでゲット。これから読みます。
読書の秋?最近、本はメルカリでよく買ってて。
送料まで考えると、Amazon中古よりも安く購入できる場合が多いです。



タグ:ムービル
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「記憶にございません!」 [映画]

9月17日(火)

たまたま相方の三線教室 昼の部がお休みになったので、一緒に観てきました。
めちゃめちゃ笑いたい気分だったのです。
記憶にございません.jpg

予告トレーラーを観たら、記憶をなくす前の総理、すごく感じの悪い、
「記憶にございません!記憶にね~んだよ!」が印象的で、
その笑えるところを期待してたのですが、、、
ドタバタのコメディ、というよりは、かなりいい話になってました。。
う~ん、ちょっと期待した方向とは違った感じなのですが、まあまあ。

ということでまた。

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

映画「劇場版 おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」 [映画]

9月6日(金)

ちょうど時間的に行けたので、ムービルで相方と観てきました。
bde966e20df027d3.jpg

テレビシリーズのほうは、オンエア当時はまったく見ていなくて、
去年末だったかのまとめ放送で見たら面白かったんですよね。

BLに対してのおっさんずラブ、というネーミングと思うけど、
テレビシリーズのほうもそうですが、どちらかというと人間愛みたいな部分が強調されてるかな。
年齢差を超えた愛、性別を超えた愛、、そしてここでは男と男だけど、
男女と思えば普通にそうだよね、と思う相手への嫉妬とか、仕事のことなどなど。
笑い泣き&泣き笑いしました。

劇場版で新たに登場した、沢村一樹さん、志尊淳くんがいかにもそっち系?!って感じだけど、
そこは実は。。
志尊くんは最近のマイブーム、石原さとみちゃんのドラマでの役どころのイメージが強くて、
この映画の中で不通に喋ってるのが変な感じしちゃいました。(笑)
植木等さんのドラマでの小松政夫役で見たあたりから気になってます。

吉田鋼太郎さんも相変わらずよい!!
そして眞島秀和さんの切ない感じもよかったです。


さてさて、映画といえば、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを観たいんだけど、
時間が合わない!&混んでる!!(翌日行こうと思ったらほぼ満席みたいな。。)間に合うかなあ。。
81d17396b6e773af.jpg

nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

レンタルで観た映画。 [映画]

最近、あまり映画館にも行けてないのですが、
レンタルはもっと行ってなくて、久々に借りて観た映画、備忘録メモです。

食べる女。
9db2d6da5b23401f.jpg

最初に出てくる料理を作って食べるシーン、単純にいいな~~、こういうのやりたい、って。
女子4名、それぞれ好きな酒(ワイン、日本酒、焼酎、、、)を飲みながら縁側のある部屋で。
ちゃんと手を抜かないで作った美味しいごはんを食べて元気になれ!って、同感。
最後には、たまごかけご飯食べたくなります。(笑)
で、キョンキョンの顔と声が好きだな~~~、やっぱり、と再認識。
疲れた時とか、ふと時間ができたとき、家に置いておいて時々観たくなる映画かも。
ちなみに、ストレスぶわ~~って発散したいときに観る、ウチにあるDVDは、
「極道の妻たち」です。(*^▽^*)


日日是好日。
6e5caf73b9f68dc7.jpg

映画館で観たかったけど、時間的に見逃してしまった1本。
茶道を習う様を観ていて、日本のお稽古事ってこういう感じ(好きです)だよね、
武道もそうだし、舞踊や楽器類、落語とか三線も。バンドとかそういうのとはちょっと違って。
なんだろうな、やればやるほど奥が深くて、単純なことが難しいことに気づいてはまっていくのです。
ゴールが無いからずっと続けていくような、好きな世界。
茶道の所作を見てるだけでも、気持ちがスッとして、よかったです。


万引き家族。
c1ef72a7d7cd922a.jpg

やっと観たか、って感じですが。
安藤サクラさん、朝ドラのフクちゃんと別人に見えるほど、
すごい女優さんだな~~って思ったよ。


音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
5ac0bf5a960ff15c.jpg

なんだ?このタイトル(笑)、っていうのと、音楽ものっていうのと、阿部サダヲだから観た感じ。
以上です。(;^_^A

タグ:BD DVD レンタル
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

映画「アルキメデスの大戦」 [映画]

8月1日(木)

諸事情により、舞天が夏休みな1日。
ちょうどファーストデイだったので、観てきました。ちょっとネタバレあるので。。
a0ab66f2bcca3eb2.jpg

期待以上によかったです。
映画の最初に圧倒される戦争の映像から始まって、という流れも。
この手の映画はどうしても好きなので、それもありますが、
数学が美しい、数字は嘘をつかない、ここ、元リケジョなので響きます。
会社時代、回路設計してるときもそうだった、、
設計して、実際に回路組んで動作させるとあれ??ってとこあって、
確認すると設計のミス(計算間違い)が出てくる。回路は嘘つかないってよく言ってたなあ。

軍人が嫌いだという主人公は数学者で美しいものはすべて計りたくなるという変人で天才、
戦争を起こさせないため、巨大戦艦を作らせないために平山中将案の本当の見積もりを必死に計算し、
その嘘をあばき、さらにその設計のミスも指摘する。
ただ最後に、その上を行く、戦争をやめさせるために、美しく巨大な戦艦大和を作らなければならない、
という平山中将の言葉が重い。。
さすがに田中民さんを配しているだけあって、そこで終わらなかったか、て感じです。


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

映画「岡本太郎と沖縄」 [映画]

5月17日(金)


久しぶりのシネマ ジャックアンドベティで観てきました。
4f8bc38c346741c8.jpg


岡本太郎が旅し、写した、膨大な数の当時の沖縄の写真、
そこに写っている人、風景を追ったドキュメンタリー映画です。
DSC_5756.jpg


今の沖縄でも、残っている祭りや文化には、古くの日本を感じるものが多い。
当時の沖縄はさらにそれが強かっただろう。
太郎さんも
「日本人とはなにか?自分自身とは何かの答えを求める旅」の一番最後にたどり着いたのが沖縄だったそう。

そして、映画の中でも大半を占める、このポスターの中心にいる久高ノロの話。
久高島の最高司祭主の一人で、滅多に笑顔を見せることのなかった、非常に厳しくて強い人だったらしい。
イザイホーという島の神事を取材したいという著名な民俗学者にも「神行事は見世物じゃない」と断ったという。

そのノロが太郎さんを受け入れたのがこの写真の表情だと、お孫さんが映画の中で語っています。


イザイホーは12年に1度行われていた神事、
久高島で生まれ育った三十歳以上の既婚女性がナンチュ(新たな神女)となるための就任儀礼。
基本的にその要件を満たす全ての女性がこの儀礼を通過する、ということでしたが、
過疎化が進んで、ナンチュになる女性の不在や、ノロのサポートの方がいられなかったり、
等等の理由で、1978年を最後に行われていないとのこと。
(詳細はウィキさまで。)
映画の中でもこのあたりの動画が流れますが、中止せざるを得ないことを哀しみ嘆く女性の姿が出てきて、
なんとも言えない気持ちになりました。

沖縄には神事が多くて、部外者は見ることができないもの、見られるけど撮影など禁止なものも多いです。
新城島豊年祭とか、石垣島の宮良地区のアカマタ・クロマタとか。
イザイホーもその1つだったんですよね。
あちこちで見られる御嶽も勝手に入っちゃいけないところもあるし。

見られる有名な祭事では、数年前に初めて行った竹富島の種子取祭(たなどぅい)など。
実際の祭は主に2日間だけど、何か月も前から島の行事は始まって、
島の人たちはそれを一つ一つ行っていきます。
毎年のことで大変だって聞くけど、だからこそ、続いて行ってるんですよね。

と、話がそれちゃいましたが、そういう沖縄に太郎さんが恋し、島の人も太郎さんを受け入れたのはなぜ?
を、太郎さんが写した膨大な数の当時の沖縄の写真と共に追ったドキュメンタリー映画でした。
太郎さんが写した、久高ノロの表情、まなざしに強烈に惹かれて、
元々興味あったけど、さらに沖縄の深い部分に興味がわきました。


映画の後は近くのタイ料理やさん「J’sStore」で。
DSC_5758.jpg

相方注文のCセット(ハーフサイズのソムタム、パッタイ、トムヤムクン)。
DSC_5761.jpg


ワタシはガパオライス。
DSC_5763.jpg


全部シェアしていただきました。ガパオ、辛くて美味い!
パッタイは甘くて美味い、だけどちょっと麺がくっついてたのが残念。
久しぶりのトムヤンクンも美味でした。



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

映画「ねことじいちゃん」 [映画]

3月13日(水)

ブルク13で観てきました。
昼間、自宅で三線教室なので外で時間をつぶしたい水曜日、
買い物したり、観たい映画があったら映画、今回は「運び屋」も観たかったのですが、
時間的に合わず、予告でちょっとひっかかっていたコチラを。
70461f9ef6ab8b22.jpg

島で猫と暮らすじいちゃん、ばあちゃん、島の人たちとの日常。
奥さんが亡くなって島で猫のたまと一人暮らし、東京に暮らす息子からは一緒に住もうって言われてるけど、
やはりここに住みたいという大吉さん。
島に移ってきてカフェを始める若い女性、
島でなりたい医者になれたっていう元大病院の若い先生、
高校卒業したら、彼女は東京の大学へ、彼は長男だから残って漁師に、
という、離島とか沖縄とかを描くとよくあるアイテムがちりばめられていて、
内容的にはふ~~ん、そうですか~~って感じ。

ただ、世界的に知られる動物写真家・岩合光昭が初めて映画監督を、と解説に書かれていた通り、
たくさんの猫のしぐさとか表情がこれでもか!と画面いっぱいに映されています。
でも、、ワタシはそんなに猫好きでもなく、どっちかというと犬派、、なので、
猫に癒されるというより、島の風景とかが気になりました。

家の壁が一度焼いた真っ黒な木材だったり、海が近い感じで瀬戸内海の島だとばかり思ってたら、
エンドロールで「佐久島」と。
調べてみたら三河湾!!愛知県ではないですか~~。
しかも前に単身赴任してた時によく車で行ってた渥美半島と知多半島の間、、
こんな島があったの、知りませんでした。
アートの島ですって。https://sakushima.com/
直島と同じよう??
ちょっと行ってみたいです。メモメモ。

あとは、奥さんが書いていたレシピノートや、カフェで教えてもらいながら、
大吉さんがつくるごはんが美味しそうで。
豆ごはん、玉子焼き、きのこおにぎり、ちらしずし、食べたくなりました。

そろそろ豆ごはんの季節が来ますね~~。

ということで。また。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

映画「グリーンブック」 [映画]

3月6日(水)

桜木町のブルク13で観てきました。
09c3358fd95e3393.jpg

予告でこれは!と絶対観ようと思っていたのですが、
アカデミー賞作品賞ってこともあって、シアターも混んでました。

実際にあった話がもとになっていて、黒人と白人の友情、という説明もあるけど、
ワタシ的には
白人側、元々は人種差別主義者でイタリア系トニーのいかにもイタリア人ぽい感じ
(すみません、個人的イメージだけど。)、
黒人側、生真面目でトニーへの指示も先生っぽいドクター・シャーリー、
その二人のロードムービーという感じで、音楽もいいし、テンポもよくて楽しめました。
もちろん、その南部でのツアーで発生する事件は黒人差別が基礎にあるからこそなのですが、
育ち、現在の生活レベルの違う二人が、その事件ごとに距離を縮めていく感じが描かれてるのかな、と。

あと、やっぱり出てくる食べ物映像が印象的。
トニーがとにかくよく食べる。
運転手になる前、お金に困ってホットドックの大食い対決、
車の中で運転しながらかぶりついて、食べたことがないからと嫌がるシャーリーにも無理やり勧める
ケンタッキー・フライド・チキン、
ホテルの部屋のベッドで大きなピザをそのまま半分に折ってかぶりつく、、
どれもめちゃめちゃ美味しそうなジャンクフード。
フライドチキンのところだったか、トニーが言った、自分のひい爺さん(だったかな?)が、
人生なんでも本気で、笑うときは思い切り笑う、食べるときはこれが人生最後の食事だと思って食べる、
自分はそうしてるっていう話がすごくよかったな。そうありたい。。

アカデミー賞作品賞については、人種差別を白人側からの目線で白人に向けて書かれてる、という
批判も出ているようですけどね。。

時間的にヒトリで観てきちゃったけど、ロードムービー好きな相方と、もう1回行ってもいいかな。

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

映画「翔んで埼玉」 [映画]

2月25日(月)

相方とブルク13で観てきました。ブルク久々~~。
a03ad3c87458728f.jpg

予想通り、面白かったです。笑いすぎで涙出た。
キャスティングが素晴らしいですよね。
都会指数がめちゃめちゃ高そうなGACKTさまと伊勢谷友介さまが、埼玉と千葉代表で、
京本さま、写真しか出てこないけどJAGUARさんも、っていうのが。(笑)
大真面目な埼玉ポーズ!

それと個人的には、たしか予告でも出てくる埼玉解放軍と千葉解放軍が川を挟んで、
それぞれの出身有名人を掲げるシーン、
千葉 館山 「X JAPAN」YOSHIKI! vs 埼玉 蕨「THE ALFEE」高見沢俊彦!
ここが超ツボでした。どちらもキラキラ王子様系、こんなにピッタリくるの、すごすぎです。(笑)  

今住んでる横浜のある神奈川県は、この映画の中で東京にくっついて2番手、
神奈川県知事は東京都知事に崎陽軒のシウマイを献上、ヒョウちゃん(知ってます?)収集!
て感じで出てくるのですが、悪者だよね~。

最終的には千葉と埼玉が手を組んで都庁に向かうのですが、、
映画の前置きで、埼玉をディスってるってなってますが、栃木、群馬、茨城のほうがディスられてるのでは?
って思っちゃいました。(笑)

余談ですが、
ワタシは子供のころ親の転勤で大阪から東京に引っ越す間、10か月くらい春日部に住んだことあって、
その後、東京の府中(当時めっちゃイナカだった!!)、会社入ってから一人暮らしで目黒、
結婚して横浜、単身赴任で2年ちょっと静岡、横浜に戻って15年、て感じなのですが、
東京でも府中よりは横浜のほうが都会指数高いよね?って思ったり。(笑)

はい、単純に笑えるけど、郷土愛も感じられる楽しい映画でした。
DVD(BD)出たらまた観て笑いたいな~~と思います。


あ、もう1つ余談。
この日、普通の月曜でしたが、映画館エントランス、人いっぱい。
そして年齢層が結構高い感じだったのです。
なんかあるのかな~~?て思ってたら、翔んで、と同じ時間に開場した、
「ねことじいちゃん」のシアターにその人たちがど~~~~っと吸い込まれていきました。
予告で観てちょっと気になってたけど、人気あるみたい。
ネット予約のページみると割と混んでるんです。
70461f9ef6ab8b22.jpg

観に行こうかな??

nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

映画「七つの会議」 [映画]

2月11日(祝・月)

3連休最終日、と言ってもスジ家は普通の休日だった日、
相方とムービルで観てきました。
589a7324080d8449.jpg


え~~~っと、またネジ?
原作を読んでないのですが、モノを作る会社で、
設計、製造、品証部門の承認なく、営業が部品の調達先変更って、、あり得ない。
以前、モノづくりの会社で設計をやってましたが、同じようなコストダウンって、
資材部門が別の調達先で同じ部品を作ってもらって(または既にある部品で)
設計、品証に評価依頼、置き換え検討して問題なければ導入、ていう流れだったよ~。

映画の中では、売り上げを伸ばすために隠蔽してもいい会社の体質を作った、っていうところを
ポイントにしてるようだったけど。

そういう感じなので、ストーリーとかはイマイチ入り込めず、、
大きな演技、顔の圧、対決?な演出。(笑)

一画面、一顔で、
香川さんバ~ン! 野村さんバ~~ン!!鹿賀さんバ~~~ン!!!
北大路さんバ~~~~ン!みたいな。

そしてTBS日曜劇場おなじみ、落語家さん、歌舞伎役者さんたくさん出演。
普通の俳優陣でメインだったのって、ミッチー、橋爪さん、勝村さんくらい?
木下ほうかさんとかセリフなかった?し、小泉孝太郎さん、土屋太鳳ちゃんほんのちょっと。

日曜劇場で充分かな~~、、て感じでした。
あ?そういえば少し前にエアバックメーカーのリコール問題ってよく報道されてたけど、
どうなったんだっけ??
ってググってみたら、経営破綻してたのね。。
姉歯、構造計算書偽造問題とか、免震データ改ざん問題とか、一時ブワァ~~~って報道するけど、
そういえばどうなった?っていうの多いよね。次々別の話題に行っちゃう。
最近ではリコールとは違うけど、レオパレス21とか。
その後どうなった?っていうの、リスト残しておいて、毎回毎回、その後の取材とかも
1つずつ報道する番組とかあったらいいのになあ。
(自分で新聞読めって?m(__)m)

タグ:ムービル
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:映画